2012年12月27日木曜日

こんばんうーはー


今日は最近使ってた構築を解説したいと思います。
真剣に解説記事書くのはじめてなんで、てきとーに流してください。


ウルガモスカイリューパルシェンビリジオンガブリアス♂ゴチルゼル



ウルガモスカイリューの2匹のエースから構築を組み始めました。


個別解説


ウルガモス@オボンの実
177-×-94-178-126-152
蝶の舞/火炎放射/虫のさざめき/ギガドレイン

残飯のときの個体をそのまま利用しているので
HP16n+1となっております。

残飯時の調整
陽気マンムーの地震+地震+つぶてを
蝶舞→ギガドレ+残飯の回復で耐える調整となっています。
これより岩技を持ってないマンムーに対して蝶舞してから倒すことができ、
相手の後続に負担をかけれます。
またギガドレインをもつことによってスイクンに後だしできたり、
ブルンゲルを倒すことができるので非常に使いやすいです。


カイリュー@ノーマルジュエル
175-195-116-108-127-125
竜の舞/逆麟/神速/火炎放射

H16n-1
控えめキングドラの眼鏡流星群を最高乱数以外耐え
最速バンギラス抜き
残りA

雨に対して有利になれるように耐久に振った竜舞カイリューです。
Sはエースとして最低欲しい1舞でスカーフバンギラス抜き
少し火力を削ることになりました。
持ち物はPT全体できつい化身ボルトロスに対して
無振りならばジュエル神速+神速で倒せるノーマルジュエル
またガブリアスの逆麟を起点にからをやぶってくるHA珠パルシェンなども
神速でたおしたりできます。


パルシェン@命の珠
154-161-200-×-65-94
殻を破る/つららばり/ロックブラスト/氷のつぶて

殻を破る後でスカーフバンギラス抜き
Aぶっぱ
残りH

最低限のSを確保してHに振ったパルシェンです。
スカーフキノガッサ抜きのパルシェンが多いみたいですが、
マッハパンチをこだわらせれば、後ろで処理できると思うんで
自分はこのような調整としました。(スカーフパルに抜かれてつらいのは知らない)
もともとはウルガモスカイリューが処理されるスカーフガブリアスの処理にいれたのですが、
余りの火力の高さと持ち前のBで破りやすくとても活躍しました。
後述しますが、このPTでの相手のドリュウズの処理もになっています。


ビリジオン@こだわり鉢巻
175-156-93-×-150-151
インファイト/リーフブレード/ストーンエッジ/シザークロス

Aぶっぱ
最速スイクン抜き
残りH

対ニョロトノ、カバドリ枠
キノガッサと違い、ニョロトノに安定して後だしできる。
また、ラティオス対面で一応なんとかなることから採用に至りました。
有利対面ではがんがん負担かけていけるので強いです。
以上


ガブリアス@気合の襷
183-182-115-×-106-169
剣の舞/逆麟/地震/つばめがえし

ASぶっぱ

もともとはステロ要員として入っていた。
一番の強みはやはり、ビリジオンウルガモスなどが弱いカイリューに対して
襷とサメ肌で基本的に後だしで勝てる点。
あと単純につよい。
ツバメ返しの枠はなんでもいいと思いますが
キノガッサを確実に倒せるのと気休めの小さくなる対策
あと風船ヒードランがきついので割れるようにしています。



ゴチルゼル@食べ残し
177-×-161-115-115-85
めいそう/サイコショック/ねむる/甘える

HBぶっぱ

受けループやポリゴン2などの高耐久ポケモン、ローブシンをメタる枠。
影踏みで相手を捕まえて起点にするゴチルゼルはチートポケモン
ただしかし、急所に弱い。
ローブシンに対して安定性をもたせるために
HBぶっぱさらに甘えるを持たせています。
甘えるはスカーフバンギラスのおいうちなどのPPを切らせたり、
中途半端な火力の物理ポケモンなら急所に当たらない限り起点にできたり
��陽気マンムーの地震程度なら急所なければ余裕)
後続のサポートとして使うことも可能です。
正直ゴチルゼル増えるとめんどうなので使わないでください。



以上で各ポケモンの個別解説を終わりとします。


立ち回りや選出についてここから書きたいと思います。

基本的には
ウルガモスカイリューパルシェンの3体のエースから相手にささっているポケモンを選び、
そのポケモンが止まるポケモンを起点に出来るポケモンを後続にという形ですね。
俗に言う積みサイクルというやつでしょうか。
ゴチルが2匹以上に刺さっている場合やローブシンだけがきつい場合は出しますが
積極的にだすと急所もらって運負けついっとするんでおすすめしません。


ウルガモスカイリューパルシェンが積んでもきつい天候パーティに対しては
それぞれ選出を用意しています。

対カバドリ
初手ビリジオン+パルシェン+何か
カバルドンに2回行動させると眠るか一匹失う厳しい展開になりますので、
負担をかけれるビリジオンを初手。ドリュウズを倒せるパルシェン
そして相手に刺さってるポケモン(ガブがおすすめ)
カバルドン対面になるとリフブレぶっぱしましょう。
カバルドンを倒せたらドリュウズをパルシェンで倒して
残り1匹で頑張る。

カバがラティに引いてきた場合
ビリジオンをすててパルシェンの氷のつぶてでラティを落とし
カバをつららで削ってうまく倒す。
そしてドリュとパルを対面させてつららを打ちましょう。

珠パルシェンがつららでドリュウズ確定1なのが強い。
いわなだれでひるんだら台パンすれば問題ないです。


対バンドリ
ガブorビリジ+パルシェン+何か
こちらもパルシェンでドリュウズを倒す展開に
持っていきましょう。


対雨
初手トノグドラ以外に刺さってるポケモン+ビリジオン+カイリュー
今の雨は脱出ボタンニョロトノが多いので、
初手はトノグドラ以外に強いポケモンを置きます。
そして適当に戦いつつ、
相手がニョロトノをだしてきたら ビリジオンを投げて負担かけます。
適当に崩しつつ、キングドラをカイリューの神速圏内にいれたり、
カイリューとキングドラを対面させる展開を狙いましょう。
脱出されたら1匹すててカイリューだしましょう。


対ノオーガブ
正直きついです。
ウルガモス+ガブリアス+パルシェンが基本
ノオーに対してはウルガモス
ウルガモス対面の相手のガブにはガブリアスなげて
うまく削りつつ積む隙を狙うことでしょうか


対受けループ
ゴチルゼル+2匹
ラッキーやクレセリア、ヌオーなどを起点にゴチルを展開していきたいところ。
バンギに合わせられても基本甘えるしていいと思います
スカーフおいうちならPP切らしましょう。
かみくだく程度は耐えるのでそこから引けます。

クレセリアが瞑想してきたら、
残念ですが急所にあたらないことを祈るしかないです。

対起点構築
壁とかで余裕かましてくるならゴチルで倒す
先に積め


対ボルトメタモン
降参しましょう。



これくらいで大体網羅出来ているんじゃないでしょうか。
見難い部分もあるでしょうが
解説を終わりたいと思います

珠ッサム無理なのでしばらく使わないでください。
消えたころに使いましょう。

1 件のコメント:

  1. ハルトマンちゃん2012年12月27日 23:52

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    火炎玉ゾロアークの対策はどうされてますか?

    返信削除