2015年6月28日日曜日

【どらおふ優勝】どくびしメガマンダ軸

構築の概要は
http://shibamarika.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html


ボーマンダ
ボーマンダ@ボーマンダナイト
しんちょう
199(228)-156(4)-101(4)-x-145(252)-123(20)
からげんき/りゅうのまい/はねやすめ/みがわり

前回と全く同じ
からげんきをおんがえしに変えて使用している人がいたが、
ファイアローの処理をマンダですることが多いためからげんき推奨
ねっとうへの繰り出しが可能になる利点もある
ゲッコウガ
ゲッコウガ@ゴツゴツメット
ようき
151(28)-115-117(236)-110-91-190(244)
がんせきふうじ/どくびし/どくどく/けたぐり

ガルーラ入りのスタンに対して基本選出しやすいようにゴツメを採用
適当にぱくってきた調整
マンムーのじしん+つぶてを耐えるようになったため
先制技を抜いてガルーラを削れるけたぐりを採用

調整案
151(28)-115(36)-117(236)-110-91(4)-185(204)
S下げて無振りガルーラを
ゴツメ2回+けたぐりで倒せる可能性を上げたほうがいいかもしれない


マンムー
マンムー@こだわりハチマキ
ようき
185-182(252)-101(4)-x-80-145(252)
つららおとし/こおりのつぶて/じしん/はたきおとす

スカーフでは環境に多い図太いボルトロスを処理することができず、
ボーマンダが動きにくい場面が多く見られた。
図太いボルトロスを確実に倒すために鉢巻つららおとしを採用した
(臆病珠ボルトロスはつぶて+珠ダメで多分落ちる)

無振り草結びを確実に耐えるために
余裕のあるAを削って耐久に回したほうが良いと思われる


バシャーモ
バシャーモ@命の珠
いじっぱり
155-189(252)-91(4)-x-90-132(252)
とびひざげり/フレアドライブ/まもる/どくどく
前回と全く同じ
クレセリアが環境から消えたため
選出する機会はほとんどない

状態異常を撒くポケモンが多いためたたりめゲンガーを採用したほうが
使いやすいかもしれない

ジャローダ
ジャローダ@気合いのタスキ
おくびょう
150-x-115-127(252)-116(4)-180(248) ※めざ岩個体
リーフストーム/めざパ岩/ミラーコート/へびにらみ

マンムーをスカーフから変更したことで
積みポケモンのストッパーをする必要が出てきた。
タスキを持たせ、どくびしが必要ない際の先発要員などを任せる
対面性能が一番高いと思っている技構成にしている

ファイアロー
ファイアロー@ラムの実
しんちょう
183-102-101-×-124-147
ブレイブバード/おにび/ちょうはつ/はねやすめ

最近よくいるHDアロー
ニンフィアなどのフェアリー技を受けたり、
クチート入りに対して選出する。

どくびしを撒いていると色々なポケモンを処理できる
かもしれない



バシャーモがほぼ完全に腐っているので、
構築として対処が難しいクレッフィ絶対殺すマンを入れたほうが良いかもしれない
配分などは適当なものが多いので、誰か最適化してください

1 件のコメント:

  1. ジャローダのめざぱが地面なのか岩なのかわかんなくなってますよー

    返信削除