2018年3月4日日曜日

宮本フレデリカつくってみた

先日面白そうな話を聞いたので、忘れないうちに一度試してみました。

DCGAN … Deep Convolutional Generative Adversarial Networks
ニューラルネットワークを使って画像生成するアルゴリズムです。

AI使って画像を猫とか犬って判断するのは有名だと思いますが、逆転の発想で猫っぽい画像とかを生成できるらしいです。

これを使ってアイドルの顔画像とか作ってる人がいたので、イラスト描いてる人みたいに僕だけの素敵な宮本フレデリカを作れるか試してみました。




1.元データ準備
 宮本フレデリカがどんなものか学習するための元画像を準備します。私が普段こつこつとTwitterでお気に入り登録している画像を使いました。今年だけで117枚の宮本フレデリカの画像をお気に入り登録していました。

準備できたらまず顔の部分だけを切り出します。下記を参考にしました。
こんな感じになりました。
明らかに顔じゃないのは除きましたが、元画像によって切出の枚数ばらばらになっちゃったのでちゃんとやるなら改良必要そうです。




2.学習させる
ほとんど下記サイトを参考にしました。
コピペするだけで難しそうなことできるのほんといいよね。



3.結果
こんなのがいっぱいできた


どことなくフレデリカっぽさはあるけど、よーく見ると全体的にぼやーっとしててよくわからない画像ができあがりました。



4.まとめ
フレデリカっぽい画像がいっぱいできました。(金髪で目が緑)
元データの偏りやデータ数を工夫すればもっと良いフレデリカができるかもしれませんが、今回はここまでにします。(1日で作って、1晩で学習したから許して)
現在はもっと高解像度の画像を作れる手法などがあるみたいですが、我が家の貧弱なPCでは実験できそうにないので。。。

次はフレデリカっぽい発言を生成したりしてみたいですね。
なんかあったらまた考えます。







0 件のコメント:

コメントを投稿